2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
僕が思うこと、伝えたいこと
- 2007/10/26(Fri) -
アドは、毎日のようにドッグランで遊んでいます。
1193239798.jpg
ドッグラン以外でも毎朝晩お散歩にでかけます。
「大変ですね」なんて言われることもありますが
アドが望む限り、時間の許す限り出掛けようと思っています。
なによりアドと一緒のお散歩は、僕自身楽しいですしねw
1193239409.jpg
臆病で犬見知り&人見知りが激しかったアドも
最近は、犬友もでき人にも慣れてきました。
1193239670.jpg
アダム君とミルキーちゃんとは、毎日のようにドッグランで顔をあわせ
遊び方が違うながらもとっても仲良くしてもらっています。
1193239906.jpg

1193320592.jpg

1193320760.jpg

1193240119.jpg

1193320674.jpg

1193240187.jpg

毎日楽しく幸せに過ごしている子達もいれば
その反面、不幸な現実に直面している子達もいます。
(ドッグランに通うことが幸せであると言っているのではありません)
さて、ここからが本題です。
10/4放送の朝の情報番組 「スッキリ!!」を観たかたはいらっしゃいますか?
動物管理センターの殺処分について特集していました。

殺処分part1 (YouTube)  http://jp.youtube.com/watch?v=h7LyL5b6R1Q

殺処分part2 (YouTube) http://jp.youtube.com/watch?v=vKondShVRQo

飼い主さん自らが持ち込むことも少なくないそうです。
どうか縁あって家族に迎え入れた子を
最期のその時まで大切にしてあげて下さい。
1日1日を大切に過ごして下さい。

1193320811.jpg


もちろんこのブログを読んでくれている方
コメントを寄せてくれる方は、日々大切に過ごされていることは判っています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
<<台風一過 | メイン | 秋晴れ>>
コメント
- -

あたし達がドックPに初めて行って出会った時のアドくんとは本当に劇的に変わった思います!
はじめは恥ずかしがり屋さんだったのに♪

これも、パパやママ、仲良しのワンコ達。
みんなの気持ちでアド君の心が楽しくなった表れだと思います。

ここから『スッキリ』見に行きました。
なんともいえない気持ちになりました。。
いろんな思いがウズウズしています。
正直怒りも。
そしてなにより、今そばでスヤスヤ寝ているフィーゴへの愛も強く感じました。。

2007/10/26 05:40  | URL | フィーゴ父母☆ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

私も今見たとこです。。。
ワンコ達の声や表情、切なくてたまりませんね・・・
捨てた預けた飼い主の事、ここに来させられたワンコや猫の気持ち、
色々考えると本当になんともいえない気持ちです。

普段テレビからワンコの声が聞こえてもあまり反応しないはなが、
じーっと耳を立てて聞いていました。
あの声に何か感じたんでしょうかね~。

私もこれ(スッキリ)を見て、ますますはなの事を大切に思い、
『守っていかなきゃ』と強く思いました。

2007/10/26 09:04  | URL | hana #-[ 編集] |  ▲ top

- -

曜日ごとの部屋、1週間の時間...
気持ちが複雑で涙が出てきます
人間って時には酷い生き物なのかもしれません
 
先日、子猫を拾って里親さんを探すのにとっても苦労していました
パントン&ネフとの折り合いが悪く1箔もさせてあげられず、友人に保護をしてもらいました。里親さんまでの3週間ほどは置き去りにした人も事情があることでしょうと思いました。 でも、今の映像を見ると里親さんを探す道を選んで欲しかったと思います。 ワンコもネコも何も悪くないし...無駄な命なんてないし...

あの映像の子たちに何もしてあげられない自分の無力さを感じます
心からお祈りします
2007/10/26 10:44  | URL | パントネフまま #yWLg4BnU[ 編集] |  ▲ top

- フィーゴ父母☆さん -

ワンコも独りでは成長できません。
人間と一緒ですねw
お友達に感謝しています。

>ここから『スッキリ』見に行きました。
なんともいえない気持ちになりました。。

⇒僕も同じ気持ちです。
縁有って迎え入れた家族を
その子の命を最期まで責任を持つ
そんな当たり前のことができれば
こんなに酷い現状には至らないと思うのです。
百歩譲って、どうしても面倒をみるのが困難になったとき
せめて自身が里親をみつけて託すということが義務だと思います。
2007/10/26 23:54  | URL | あどBOSS #-[ 編集] |  ▲ top

- hanaさん -

色々考えさせられますが
実際にこの子達を救うことは
僕には不可能です。
もどかしいです。
せめて今自分の前にいる命に責任を持ち
充実した毎日を過ごさせていきたいと思ってます。
はなちゃんも何かを感じたんでしょうね~
僕らが思っている以上に理解しているのかもしれませんね
2007/10/27 00:01  | URL | あどBOSS #-[ 編集] |  ▲ top

- パントネフまま さん -

>パントン&ネフとの折り合いが悪く1箔もさせてあげられず、友人に保護をしてもらいました。

⇒しっかりと命を繋いであげれたんですね
尊敬します。

>人間って時には酷い生き物なのかもしれません

⇒自然界においては、人間が生態系のテッペンにいることが罪なのかも知れませんね・・・
たいそうなことはできないと思うのですが
僕自身、自分にできる事からしていこうと思ってます。
2007/10/27 00:10  | URL | あどBOSS #-[ 編集] |  ▲ top

- -

「スッキリ」の全編は、こちらで初めて拝見しました。
息が詰まる思いです。
命を奪う権利なんて、誰にもないはず!
命はみんな平等なのに。
せめて、ビーや周りの動物たちは、大切に一緒の時間を過ごしていきたいです。
今、私の実家に、ノラのワンコが住み着いて、両親が困っています。
飼ってあげたいのはやまやまなのですが、別に犬を飼っているので、無理なのだそうです。
私の母は、父に隠れて、ゴハンや水をあげています。
どうしたらいいのか、悩みます・・・。
2007/10/27 00:19  | URL | ビー母 #-[ 編集] |  ▲ top

- 辛いですねぇ。 -

私は、この番組を見てませんし、
こちらでの画像も見ていませんが・・・というより見れません。
というのも、先代のコリーが行方不明になった際に
愛護センターに同じ日に保護されたコリーがいて
うちの子だと確信して迎えに行ったことがあるからです。
もちろん、その子は別の子で・・・
でも、本当に、本当に辛くて、悲しい光景で・・・
係りの人に「お宅の犬?」と聞かれても
違うとわかっているのに、うちの子じゃないとわかっているのに
「違うってわかるけど、違うって言えないんです」と、
一時間近く、ただただ、その【二日目】の檻の前で泣くしかできませんでした。
大も小も関係なく入れられている犬達が
みんな私に向かって「助けてー!」と叫んでいるのです。
でも、その一匹も助けてあげられない自分の無力さに泣くしかなく・・・
もう二度とあんなところには行きたくないですし、
あんな光景は見たくないと思ってしまいました。
今でも思い出すだけで辛いです。
私は、その翌日に入院してしまって、どうにもできませんでしたので
あのコリーちゃん・・・どうなったのかと今でも胸が痛みます。
ちなみに我家の先代は、S動物病院にその日のうちに保護されていて、
一週間後に我家に連絡があり弟が迎えに行ってくれました。
なにしろ、私も危篤状態でしたから・・・
本当につらい、つらい思い出です。
2007/10/27 02:53  | URL | まりん #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

- -

「スッキリ!!」の映像今日初めてみました。人間はひどい事をするとしっていながらも、その現場に向き合う事もなく、なんとなく避けて見ない様にしていたところがありました。今回、この特集を見たことでやはりこのままではいけないのだと焦りました。

効率的で無慈悲な作りの殺処分機器
わずか5日間しか預かれないシステム
手放す理由
いたる所に、人間の都合が詰め込まれ
それに振り回され、もてあそばれる動物達。
人は円滑なシステムの為にどこまでも残酷になれるものだと再認識しました。

すべての人々の意識を高めること、自分自身も含め、その為にどうすればいいのか...
何らかの行動に出なければ行けないのだと気付かせて頂いた事、アドボスさんには感謝したい思いです。

人間の心がイビツな形になっているようで
恐ろしいです。


2007/10/28 00:41  | URL | ジョバンニ #-[ 編集] |  ▲ top

- ビー母 さん -

>命を奪う権利なんて、誰にもないはず!
命はみんな平等なのに。
せめて、ビーや周りの動物たちは、大切に一緒の時間を過ごしていきたいです。

⇒僕も残念ながらこの子達に手を差し伸べてあげることができません。。。
まさにビー母さんの仰るとおり
自分の家の子やお友達の子達が幸せに過ごせるよう努力していきたいですねw

>今、私の実家に、ノラのワンコが住み着いて、両親が困っています。
>私の母は、父に隠れて、ゴハンや水をあげています。

⇒ノラといっても完全なるノラではなく
元々は、飼い犬であったのかな?なんて思います。
以前、注目されていた“崖っぷち犬”は
警戒心からかご飯を口にしなかったようです。
迷い犬なのかな?それとも・・・
難しい問題ですね・・・
助言できなくてすみません・・・
2007/10/28 00:50  | URL | あどBOSS #-[ 編集] |  ▲ top

- まりんさん -

命の大切さを判っているからこそ引き取れないという事もあると思います。
現実問題として、先住犬も居るわけですし
先住犬がフレンドリーだったらまだ良いのだけれど
アドのように犬見知りが激しかったりすると
預かったけどやっぱり無理でしたって返すわけにはいきません。
人間に2度も裏切られたことになっちゃいますもんね・・・

自分では何もしてあげれないのにおこがましいとは思いましたが
ペットブームが加熱している昨今
このブログを見てくれたかたが
何かを感じてくれて
もし、周りに衝動的にペットを迎え入れようとしている人が居れば
生涯に責任を持つということを伝えていただきたく掲載させていただきました。
2007/10/28 01:07  | URL | あどBOSS #-[ 編集] |  ▲ top

- ジョバンニさん -

保健所では、放浪していた犬を保護した場合
たとえ首輪に迷子札が付いていたとしても
狂犬病のワクチン接種の有無が確認できている訳ではないので
見てくれないと聞いたことが有ります。
また、ドリームボックスに流すガスも
一酸化炭素などであれば、もっと楽に逝けるのに
万が一の時の職員の健康への配慮から
二酸化炭素で窒息死させるそうです。
預かれる日数が少ないのも
そのペースでないとつれてこられる子が多すぎて
収容しきれないほどになってしまうんでしょうね・・・
なんだか辛いです。

映像にもありましたが
子猫を処分場に連れてきた理由が
海に行きたいからなんて・・・
激しい憤りを感じます。
飼える状況になったらまた迎え入れると言ってましたが
この親子には、今後一切飼って欲しくないです。
こういう人達が減らない限り
不幸な子がますます増えていくのでしょう・・・
辛いです・・・
2007/10/28 01:24  | URL | あどBOSS #-[ 編集] |  ▲ top

- -

見なかったです…いや、こっちでは放送してなかった(民放2つしかないので)かな。
このテーマは永遠に続くんでしょうか。
全くこのような事態がなくなる日を祈ります。
身勝手な人間がこの世からいなくなればいいです。。。。
2007/10/30 18:21  | URL | さくらママ #-[ 編集] |  ▲ top

- さくらママさん -

永遠に続くんでしょうね・・・残念ながら
むしろ増えていくことが懸念されます。
こんな身勝手な人達は
AIBOとかファービー、たまごっちでも育ててれば良いのに
2007/10/31 11:40  | URL | あどBOSS #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://adogony.blog71.fc2.com/tb.php/133-31778b53
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。